大手の神待ちサイトはどうなの?

神待ちサイトの中でも大手になると、利用者の数も多くなるものです。
出会い系サイトはは、若い人たちを中心にした掲示板になっており、以前は年齢確認をせずとも利用することができていました。
その当時は10代の利用者がほとんどだったものです。
ですが、出会い系サイト規制法によって法律が改正されて、サイトの取り締まりも増えていきました。
また、年齢確認をしなくてはならないという義務付けが行われるようになったことによって、10代では利用できなくなりました。

そのため、出会い系サイトではないサイトとして立ち上げられるようになったのが、神待ちサイトといわれるものです。
そして、10代を中心に家出をしている女性たちが、この神待ちサイトを利用するようになりました。
女性会員が特に多かった神待ちサイトは、現在大手神待ちサイトとして運営されており、雑誌などでも大々的に広告を出して、さらなる成長を使用としています。

神待ちサイトというのは、あくまでも神待ちをしている女性と神待ちをしている女の子を探す男性が相手を探すために利用する場所であり、サイトが斡旋をしているわけではありません。
ですから、出会い系サイトというカテゴリには含まれていないだろうと運営側は考えて、年齢認証を行っていないということが多いです。

これによって、大手神待ちサイトでは、18歳未満の女子も登録していることが多いです。
また、大手神待ちサイトというのは、男性の利用者も多いですから、他のサイトのサクラや風俗嬢などが、匿名で利用しているということも多いです。
ですから、以前と比べて本当に神待ちをしている女の子と出会うのは難しくなってきているのが実情になっています。

出会い系サイトVS神待ちサイト

最近、女の子との出会いを求めて神待ちサイトを利用する男性が増えているようです。
神待ちサイトも出会い系サイトのひとつなのですが、出会い系サイトより女の子に出会いやすいと考えている男性が多いことがその理由です。
おそらく出会い系サイトに登録している女性の数のほうが、神待ちサイトよりも多いでしょう。
けれども、出会い系サイト尾のほうが実際に出会うに至るまでには数々のプロセスを経なければならないのが面倒といえるかもしれません。
メッセージを見てそれにメールをして、返事を貰ったならさらにやり取りを重ねて、そのうえでやっと会う約束を取り付けてもドタキャンや待ち合わせに現れないというケースも珍しくないのが実情です。

一方神待ちサイトを利用する女の子はほとんどが家出中です。
だからその日の宿泊場所や食事を提供してくれる男性を求めてサイトを利用しているので、反応が早く結果もすぐに得られるのです。
約束をしてドタキャンやすっぽかされることもないはずです。
なせなら、それなら初めから約束などせずに別の脈のある男性のほうにアプローチするはずだからです。
つまり約束を取り付けられる確率が高く、且つ約束したならほぼ間違いなく出会うことができるのです。

さらに、中には家出というよりも終電を逃して家に帰られない、今日は帰る気分じゃないといった場合などでもサイトを利用する女の子がいるようです。
そんな軽い気分での出会いを求めている女の子がたくさん利用しているので、出会いが簡単に実現できるのです。
出会い系サイトよりも出会いの確率の高い神待ちサイトのほうが人気が高くなっているのにも頷けますね。

神待ちサイトの年齢詐称は

出会い系サイトでは年齢を詐称する女性は多いですよね。
確かに年齢確認をしないと出会い系サイトが利用出来ないわけではありません。
そして少しでも若く見られたいという願望があるため、29歳と30歳とでは1歳しか変わらないのに男性の対応は全然違ってきます。
男性が年齢にシビアだという事を女性はよく理解しているため、モテるために年齢詐称をしてしまうのです。
出会い系サイトでは基本的に年齢詐称は実年齢よりも若く詐称します。

しかし神待ちサイトでも年齢詐称は行われていますが、この場合は年齢よりも上に詐称する子が多いのです。
なぜ年齢を上に詐称するのか?というと、若すぎると相手が見つかりにくいためです。
確かに若い女性が好きと言ってもさすがに13歳の少女に誘われたらロリコンではないかぎり中学生はちょっと・・・・と抵抗しますよね。
ですが年齢を16歳と詐称したらどうでしょう。
もちろん13歳だろうが16歳だろうが、18歳未満の相手とセックスをする行為自体が犯罪です。
しかしながら中学生とセックスをする事に抵抗はあっても16歳なら喜んでセックスをしたいという男性はたくさんいます。
そして13歳でも最近の子どもは発育がいいので、大人っぽく見られます。
さらにメイクをすれば気づかないという男性も少なくないでしょう。

でもこれで18歳未満の相手とセックスをした事で捕まった16歳だと思っていた少女が本当は13歳だと分かればかなりショックを受けるでしょう。
当然世間の目も中学生相手にセックスをしたなんてロリコンとして前科がつくはめになってしまいます。

サクラの存在にご用心

神待ちサイトは、一般的な出会い系サイトよりも女の子との出会いのチャンスが大きいということから人気があります。
確かに家出少女が利用する機会の多い神待ちサイトにおいて、宿泊場所がない、食べるものがないといった家出中の彼女たちが最悪な状況から逃れるためには、男性とのここでの出会いは貴重なものでしょう。
だからこそ、男性は神待ちサイトを利用しているのです。
しかし、そんなかわいそうな少女を装って男性に近づこうとする悪質なサイトも少なくないのが実情です。
悪質サイトの手口で最も多いのが、「サクラ」です。

家出少女に成りすまして男性に連絡を取りサイトにアクセスさせて、そこで多くのポイントを使わせたり別のさらに悪質なサイトへ誘導してもっと多くの損害を与えたりします。
たとえば、神待ちサイトや掲示板には「ご飯を奢ってください」「今晩の泊まる場所を提供してください」といった書き込みはたくさんあります。
そんな中、「エッチが大好きです」「セクシーだとよく言われます」などとセックスをアピールするような書き込みはサクラの可能性を疑っていいでしょう。
神待ちサイトは家出中に困った状況に陥った女性が、宿泊場所や食事を提供してもらえる男性を探すところです。

その援助に対して男性は肉体関係を求めますし、女性もそれを認識しています。
でも、女の子自身がそれをあからさまにアピールすることはほとんどないのです。
彼女たちは、セックスを求められなければそれに越したことはないのですからね。
だから、それを連想させるような書き込みは鼻の下が長く伸びた男性を上手く騙すための手口、つまりサクラと考えてもいいでしょう。

神待ちサイトの危険性を認識する

一般的な出会い系サイトよりも実際に出会える確率がはるかに高いと、最近特に人気なのが「神待ちサイト」です。
そもそも神待ちサイトは「家出サイト」ともいわれるくらい、利用している大半は家出中、もしくは帰る家のない女性たちなのです。
彼女たちは、家を出てお金が無くなり宿泊場所や食事をサイトで知り合った男性から提供してもらうことが目的でサイトを利用しています。
つまり、そんな男性に出会わなければその日の寝る場所や食べるものにも困ってしまうのですから必死に出会いを求めています。
だからサイトを利用する男性にすれば、出会いの成功率が高くなるのは当然の結果かと思います。

利用する女性にしても、家出中の困った状況を救ってくれる男性と出会えるのですからありがたいサイトともいえるでしょう。
しかし、それだからこそサイトを利用する際には注意が必要なのです。
男性の場合、利用するサイトが悪質である危険性は少なくありません。
また、家に泊めた女性が朝になると財布や金目の物を盗んで消えていたなどという報告もたくさんあります。

さらに女性が18歳以下だった場合、青少年育成保護条例に違反して罪に問われるケースも起こり得ます。
女性であれば、相手の男性はどんな人物かわからないので、暴力を振るわれたり、一人だと思っていた複数の男性が潜んでいてレイプされるという事件も珍しくありません。
覚せい剤などを打たれて、そのまま悪の道に引きずり込まれるなども起こっています。
このように、神待ちサイトは簡単に出会いを得ることができる代わりに危険も少なくないことを覚えておく必要があるでしょう。

Copyright© 2010 家出女性と出会える神待ちサイト紹介 All Rights Reserved.